暫定ブロードキャスティング

近況: 農業高校ラブコメ 「のうりん」(GA文庫 ライトノベル) は8月12日からきっと大絶賛発売中!!! ちょっと何かに似てるかもしれないけど気にするな!意識してるだけだ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

VERITA デネヴァの槍塔攻略

戦と女神と書かなければ多分大丈夫


はじめは驚異的な難易度に閉口したデネヴァの槍塔ですが、さすがに三週目以降にもなると戦術を間違えさえしなければ簡単に攻略できてしまいます。

白エウ娘の加速砲撃さえあれば攻略は簡単です。

砲撃だけならリリィでも可能で、実際私も一周目はリリィの砲撃に頼った編成で攻略しました。
ただし後半の絵札連発戦術に対しては、かなり博打要素が高くなるために本当に確実に落とそうとするならば、スキル発動までの時間が4の加速制圧砲撃を中心に据えた火力編成をしなければ確実な勝利を得られません。(スタートダッシュに強いリリィでも砲撃のスキル発動時間が最速でも6なので道具扱いの絵札にはまず競り負ける)


基本対策は以上のように、圧倒的火力でやられる前にやる、なのですが以下細々とした雑談込みで対策を考えてみます。


●おすすめ編成

●支援配置

まおーさまとメキ

どれだけの効果があるのかあまり実感がないのですが、まおーさまの魔術結界がないとだいたい敵の攻撃で瞬殺される感じです、ただ魔術結界があったからと言ってもレベル500のキャラでも一撃しのげれば儲けものくらいの物でしかありません。

それと、まおーさまは攻撃サイクルが短いので討ち漏らしを掃討する為に入れているという感じで置いとくといいかもしれません(ただし、二万以上のダメージを与えるわけではないので過信は禁物、敵が強くなるとさらに攻撃力は減る)、あとさりげなく応援スキルも役に立ちます。

メキは咆哮Ⅲでなんとか敵の初撃を遅らせられないかという感じでいれています。
ただ実際これに頼るのは禁物で、奇襲よりは発動しやすいだろうという程度のものでしかありません。




●メイン

基本的に全てのキャラを500まで育ててから挑むことを前提としたほうがいいのですが、あえてこのキャラを重点的に育成すべしという感じ

あとアタッカーにはエウシュテリア装備

●ラーシェナ
天使殺しを持っているので通常攻撃でも天使を一撃で殺せるというのがひとつ。、十六夜・乱舞が威力(2400)・範囲(全体)の割に発動時間が7ということもあり雑魚散らしに最適。

これに加え、雷武の双剣と燐武の双剣という非レア武器で戦力になる。レベルとスキルだけ上げればいいので調達しやすいのも○

このほかお姉ちゃんキャラというので好きというのもある。

このお姉ちゃん属性持ち堕天使黒髪ロングポニテの侍娘ラーシェナに踊り子の服を装備させて高揚を付けると攻撃力は倍率ドン!さらに倍!いろんな意味で!
露出狂まがいの格好をしながら頬を染めつつ、楽しませてくれるな!とか言ってるところを想像すると過酷な戦いの中でも心が折れません!

ぶっちゃけこれが書きたかっただけ。

ただこれはネタというわけではなく、スキルのおかげで防御属性が魔人3になるので十分に固く、攻撃力も上がるので、変に防具を集めるよりも効果的。
この状態でのデータは、攻撃1910、攻撃回数132、肉速94(エウシュテリア込)防御は507と頼りないように見えるが属性とHP8550のおかげでかなりタフ。
突撃陣形に組み込めば2900くらいまで攻撃力が上がるので、さっき書いたように天使を一撃で葬りされる。球体対策にも使える。

ただ塔の上の方になってくると明らかに火力不足になってくる。
二十万くらいのダメージを与えられるのでそんなに問題がないようにも思えるけど、勇者とかが現われると十万単位でちまちま削っていられなくなる。(そもそも勇者まで行くまでに攻撃が通らなくなってくる)
そのへんになるともう精密陣形で強化したタメ砲撃をしなきゃならなくなるのであくまでも、補助火力として優秀。

こう書くと役立たずのように見えるけど、そもそも攻撃が殆ど通らない上にこちらを瞬殺というか虐殺してくるような化物が相手なので、そこにアタッカーとして名を挙げられるというだけでも規格外なのは確か。




●リリィ
私の心を支えてくれる淑女です。バリィとか言うなよ・・・

なんでもできる万能キャラで、戦闘では当たりやすい武器を使って砲撃を担当。グローブ系と時盾で速力と当てることを重視したほうがいい。

どういう理屈かすたーとだっしゅが可能なので重宝する。
戦闘開始時にHPがやばかったりすると道具を使って即座に補給したりと、せっせとパーティの世話をする、よくできた娘さん。

ただし、早く動けても砲撃は最速6掛(ほとんど8とか9で計算してたほうがいいかも)かるので、白エウ構成の場合にはあくまでも討ち漏らしを掃討する第二波としてきちんと制圧砲撃・制圧二連砲撃を選択しておいたほうが吉

エクリア以外の補助系能力者を入れる余裕はないだろうから戦意を鍛えておくと重宝する。

本当に長くて辛い道のりなので好きなキャラを入れとかないと精神的に辛くなってくる。
リリィかわいいよ、かわいいよリリィ
いや、むしろかわいがってください、お願いします




●エクリア
強化担当。
誰のものであっても魔法はほとんど通らないので火力には期待しないこと。最悪あたりすらしない。

盾をつけるとタフなので、衣装を着せ替えて壁に徹するというのもあり。
それでも瞬殺されますが。

できるだけ強化効果を切らさないようにしておかないと後半は本当に辛くなってくる。
ただ、裏をかえせば強化しておけば十分に戦えるというものでもある。

彼女の補助が重要になってくるというのも、どこかこの物語を象徴しているようでもある。



他の主役二名(男)はここでは全く役には立ちませんが・・・・・・



性格があれでも、十分に役に立っているまおーさまを横目でチラチラ見ていたり、「やりましたよ、まおーさま」とかいってる仲睦まじいリリィたちを羨望のまなざしで見ていたりするような情景が目に浮かぶ。




●ラピス

黒髪お姉さん

趣味です

なにか問題でも?

あくまでも保険として双葉崩しをやばそうなところにかけておくと、万が一の時に敵の行動を妨害できる。
ただどうでもいい行動をキャンセルしてヤバめのスキルを誘発する可能性も否定出来ない。

下層階ではなんとか戦えるがラーシェナが出の早い全体攻撃を使えるので火力要員としては出番がない。

一見、優しく見守るお姉さんのように見えて、ピンチになっても何もしてくれないドSなお姉さんとも言える。

上記の敵の必殺スキルの誘発は彼女なりの愛情表現なのかもしれない。








●白エウ娘

チートキャラ

ただし、敵は現代のヌルゲーマーどもに鉄槌を下すために創造されたとしか思えない強さの化物どもなので、加速砲撃で瞬殺しても罪悪感はこれっぽっちも沸かない。

やらなきゃこっちがやられる、プライドなど捨てろと言われているようでもある。

一応断っておくが、私はリリィの砲撃を頼りに、この娘抜きで邪神様を倒した。この邪神様は決して大沼ではない。

そのとき、レギュラーメンバーで倒せなかったことにすこしばかりの罪悪感を感じたのだが、私もまだまだ人生経験が足りないようである。


とにかくザコ敵でもこちらを瞬殺するだけの力を持っているために、会敵したら有無を言わさず加速制圧砲撃で瞬殺。
鬼に逢うては鬼を斬り、仏に逢うては仏を斬れ。
その覚悟がなければ邪神様のもとにはたどり着けない。

コンシューマーゲームで出せば苦情殺到は必至の難易度。18禁のレーティングはダテじゃない!





ちなみにこのダンジョンでの仏とははぐれ魔神を指す。

本編中、「異質な気配がする」というメッセージがまれに表示され「待ち構える・やり過ごす」の選択肢が表示される。

なにか特別なイベントか!とワクワクしながら待ち構えるを選択




禍々しいフラフィックが一瞬かすめたかと思うと次の瞬間にはゲームオーバーの表示



何が起こったのか理解出来ないまま、ブラウザを立ち上げWIKIの確認をするプレイヤー


そこで魔神という存在がこのゲームでは重要なファクターになっているのだという知識得たプレイヤーは身を持ってその恐怖を理解するという、このメーカーが発案した洗礼行事なのである。
説明もなしに選択肢が表示され、しかも自ら選択して魔神に襲われるという自己責任の過程のせいで誰も責められず、ただ涙を呑むしかない。
この粋なはからいのおかげで、一寸先は闇、けっしてぬるくないファンタジーという緊張感をもって物語に向き合えるのである。

決して茶化しているわけではないが、この理不尽さこそがこのメーカーの魅力になっている。
そのようなトラウマを植えつけてくれる厄災が、このダンジョンにおいては安心出来るぬるい敵でしかなくなるほどまでに苛烈な難易度なのだ。翻って言えば、自分はかつての厄災を微笑ましく思えるほどまでの高みに登っているということでもある。

たいていのプレイヤーはここで魔神に遭遇すると、殺してしまわないようにじわじわとHPを削って捕獲しようとするだろう。
神にでもなったつもりなのだろうか?





以上。キャラクターについて。


今のところ書けるのこんくらい。


●そのほか
あと気をつけるべきは陣形で、途中までは好きな陣形で強敵と戦うシチュに酔うのもいいが、後半はそうも言ってられない。

特に勇者が連続して現われるようになると、ちまちま削っていられなくなる。

きつくなってきたなぁと思ったら、迷わず精密陣形で白エウ娘を強化してレベル5の重砲撃を叩き込むべきである。
初撃は加速制圧砲撃で雑魚を駆逐して、それに加えてリリィとラーシェナの攻撃を加えるとだいたい簡単にケリがつく。

精密陣形がないというのであればご愁傷さま。

もう戻れなかったりします。




あと回復などは戦闘中は道具で、非戦闘中はメニューでサブになっているキャラの魔法ですると良い。
特にMP回復を持っているルナ・クリアなどの全体回復魔法を多用するとなおいい。

世界の神々から追われる物語というのもあり、この作品では回復手段が非常に限られている。


あと一つ、一回目に制圧したのがパッチを当てる前だったんだけど、パッチ(これとアペンド2)当てたあとの二回目は難易度が下がっているようにも感じた。
単純にリリィ以外はほとんど400代前半のレベルだったからかもしれないが、ゲーム調整でもされたのか?


追記

リリィは素手で砲撃させるのが最強だと今になって気づいた。
素手だと砲撃の待機時間が制圧二連砲撃でも4とかありえない速度になるために、スタートダッシュと合わせると相手が一回行動するまでに砲撃を二発叩き込めるケースが結構有った。

いままでの苦労は一体なんだったのか?


攻撃属性が物理になるものの、物理属性が通用しない驚異となる敵が存在しないので何も問題ない。
素手最強というのもなんというかいい隠し要素になっていてとてもグッドだ!


リリィは万能キャラよりであるために攻撃回数や戦速の部分でチートキャラたちには大きく離されていて最大級のダメージを狙う攻撃は出来ないものの、こういう速度で勝負というのもいいなぁと思う。
強さにも様々な形があっていいのだと思う。
スポンサーサイト
読書感想文 2010年6月25日~ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<●オトコを見せてよ倉田くん! 3  ほか、魅力的なヒロインの考察 | ホーム | ■2010年7月23日発売分のMF文庫Jのおすすめ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。