暫定ブロードキャスティング

近況: 農業高校ラブコメ 「のうりん」(GA文庫 ライトノベル) は8月12日からきっと大絶賛発売中!!! ちょっと何かに似てるかもしれないけど気にするな!意識してるだけだ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

光と音のほのぼの邦画/ホノカアボーイ



隠れた良作。人によっては名作。

これぞ日本の映画だと叫んでも差し支えないようなやんわりとした雰囲気の作品です。


考えてみればDVDを始めとしたアミューズメントとか言うものは光と音でしか伝えられないんですよね、けれどその光と音で雰囲気や空間の広がりを意識させることによってただの音や光ではないものを見る人の中に再構築するという技量に優れた作品のような気がします。

特に音が秀逸でたとえば登場人物のを包む生活雑音なんかもうまく取り入れていますし音で画面の外に何かあるという見ているものの気を引くという演出があったり、静かな臨場感という意味合いでとても優れているものだと思います。

映像的な見せ方も特徴的ですが緩々なのにあまり眠くなりません。

邦画にもこういうものがまだあるんだなぁ・・・
スタッフロール見るまであれが松坂慶子だとは思わなかった・・・役作りですよね・・・
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ついカッとなってやった。とても公開している。/zero dac | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。