暫定ブロードキャスティング

近況: 農業高校ラブコメ 「のうりん」(GA文庫 ライトノベル) は8月12日からきっと大絶賛発売中!!! ちょっと何かに似てるかもしれないけど気にするな!意識してるだけだ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

タイトルなんて思いつきません、/hfi-650ファーストインプレッション

8月4日の晩に注文したものが夕方に届いた。

これはなんというかすごいね。
さすがに送料で29ユーロ払っただけのことはあります。

総額で1万4千円弱と言うことだったんですけれど国内で中古買うよりも下手すると安かったのでこっちを買ってみましたが良かった良かった。




さてさて、と言うことで環境はUSBで繋いだICON環境のファーストインプレッションなのですが・・・濃いね、ものすごく。
これはUF-30のときにも思ったんですけれどもゾネホンって言うのは始めはどれもこんな感じなのかもしれません。
現在一時間ほど慣らし終えている状態なんですがそういう濃さが取れてきているような気がしますがまだまだ濃厚な音が鳴っています。
これから先どのような変化が出てくるのか楽しみです。


音に関してはなかなかに優秀なような気がしますが最近のモデルであるUF-30と比べてみるとやはりというか違いが大きく現れています。

たとえば密閉型ながら開放型のようななり方をすると紹介されることがありますが確かにそんな感じがします。Sロジックがきいているせいなのでしょうが音以外のものに関してはやはり密閉型ヘッドホンなのだなと思わせるものがあります。もしかするとUF-30がヘッドホンらしくないのかもしれませんが650を使った後にはなんとなく耳の奥が詰まったようなヘッドホン特有の後味があります。

さらに音の分離に関しても今ひとつ。音源は確かに頭の外に追いやられて入るのですが音像の焦点はあまり気にされていない様子。

と今感じる不満点はこのくらいでしょうか。
個人的にはUF-30が気に入っているので辛口の評価になってしまいますが悪いものではないような気がします。

インピが75Ωと言うことなんですが感度がよいせいなのかなり癖のあるなり方のせいなのかドライブ不足が懸念されていたICONでも十分以上に音が取れています。nanoでも確認済み。


trast your ears とパッケージに印刷されています・・・ゾネホンは進化しているんですね・・・



もっさり?
スポンサーサイト

HFI-650 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<RE0 IEM | ホーム | ドイツから届くゾネホンっていったい何処製なんかね?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。