暫定ブロードキャスティング

近況: 農業高校ラブコメ 「のうりん」(GA文庫 ライトノベル) は8月12日からきっと大絶賛発売中!!! ちょっと何かに似てるかもしれないけど気にするな!意識してるだけだ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

●まどマギ考察など

コネクト聴いててふと思ったんだけど、これ主人公はほむほむなんだね。

OPの髪の長いまどかとかコミック一巻のほむほむの武器が弓とかから考えるとほむほむは未来のまどかになにか関係があるのか、あるいはOPのラストでまどかの見せ場で最後に一瞬だけほむほむのカットが出てくるところとか考えるとほむほむは数えきれないくらいの繰り返しを経た未来のまどかそのものかもしれない。

ワルプルギスの夜というのが一話のあれだろうから明けない夜と明日をつなぐという意味でのコネクトという題名が付けられたのか。そう考えるとラストの「ずっと明日待って」がとても重く響いてくるなぁ。

こういう解釈でコネクトの歌詞を読み進めていくととても味があっていい、というものだけど歌そのものもいいよね。

いつになったらなくした未来を
私ここでまた見ることができるの?

ずっと明日待って

けれど、決してただ待っているだけではない、クールなふりして全力疾走しているほむほむというのもいいなぁ。

ほむほむ視点で小説版とかでないもんかね。真ルートみたいな感じで。
続きを読む
スポンサーサイト
ひとりついった | コメント:0 | トラックバック:0 |

まどマギ小説化かぁ、書き方からするとニトロから出版という形になるんかなぁ?

いつごろに出るんだろ?

著者さんの作品は読んだことはないんですけどどこまで原作に追従できるか。

マミさんの気丈なところとか理解者を得た段階での浮かれ具合とか、ツンクールなほむほむの消えかけサイレントフレイムの脆さとか(多分これから燃え上がる)、人格的にマミさんみたいにほむほむと渡り合えない上に自分の周りの出来事を十分に捉えきれない杏子の未熟さや幼さそれ故の優しさ、さやかの見たいものしか見えてない暴走っぷりとか、見ているだけしか出来ないのに何かできないかと考えるまどかのこれまた幼さとか。それにキューベーの営業技術とか(笑)。真正面からノベライズに挑もうとすると、あくまでも思いつく限りで上げてみてもこれだけの物を十分に読み込んだ上で、アニメの制作陣の演出や声優陣の演技で魅せる解釈などまでも文章に起こさなければならない。
もうなんというか、自分で書けよとしか言いようのないレベルの他人のものをどこまで把握してそれを表現できるか。

二十代の書き手の多いラノベ関係の弱さというのはこういう所に出てくるんだろうなぁ。
マミさんの浮かれっぷりなんかはわたし最近ようやくなんとなく理解できるようになったくらいなのに、人生の浮沈とかを経験してないとああいう苦しさとか体が軽い!とかまで頭で理解するくらいでしかかけんだろうしなぁ(←何様のつもりだ)

私は客寄せ用の虚仮威しとか中二的言葉ぐり…現代ファンタジーとかミステリーに多いものをバッサリ切って読む癖があるのでそっち方面には進まずにきっちりとニトロのノベライズになってほしいなぁとかなんとか思います。



ちょっとスケジュール確認みたいな感じでフォロー組を調べてみたけどわかってる限りではアリア・101が今月、一乃さんが4月、煉獄姫・なれるseが5月で均等にバラけたか。なんとか時間作れればいいなぁ…
アリア/101は安定期だから心配ないとして、一乃さんは勝負の四巻でどこまでやれるか、三巻どアウェイでやってきてようやくストーリーに転換できる状況というかいつまでも日常系に一般フォロワーは追従できないでしょうから決断が迫られる四巻とも言えるか一番期待している人なので何としても潰れないでほしいけどもっと成長もしてほしいというところ。
煉獄姫も勝負シリーズなんでしょうがこれはベテランからエースになりきれるかどうかという状況なのでどこまで化けきれるか。昔私が書こうとして筆を折るきっかけになった論題に挑むらしい三巻なので私の心を折るぐらいのレベルのものを書いてほしいなぁ。
なれるseはどうもアスキーというか月アスの残党なのかなぁ?背後にいるのは。我が聖典と仰ぐ月アスが姿を変えて再臨してきたかのような感じで嬉しい限りなんですが次回はプロジェクトマネジメントの話らしいのでこれにも期待。(き 貴様は営業八課主任補佐代理の・・・・・・)



あと全く関係ないのですが神採りアルケミマイスターの体験版をやりました。ユエラの接客が4なところにそこはかとない哀愁を感じました。けど母国のモデルは日本っぽいのでメガネかけてソロバン弾いてたりしたら可愛いなぁ・・・
毎日一時間にも満たない時間かけてちまちまと進めたのですがすごくいいなぁ。前作と同じくコンシューマーにも劣らないクオリティ。技術の進歩の恩恵を一番うけてるんだろうなぁ
服飾に力をいれている今作、ダメージ状態で服が破れたり好戦的に狂うというかピンチになっても闘志を失わない表情とか戦闘中の表情がコロコロと変わるところまで行けばいいなぁとは思うけどそこまで望むのは贅沢か。そのへんは今までみたいにボイスの方で補完か。やっぱりボイスがないと寂しいなぁ、誰になるんだろ。
きちんとストーリーで押せるRPGをだしてくるという安心というのがそれにさらなる期待を抱かせる。
ユエラ無双になるかと思ったけど他キャラも結構いいねこれ。
エウくじ、一等なんて贅沢は言わないけど、5等のリリィがぁ5当のリリィがぁぁぁ…3月19日…土曜か、金曜の帰りの脚でそのまま…九州新幹線開通後で新幹線はこむかね?じゃあ見通しが甘いとお叱りを受けた某空港からならあるいは…

ひとりついった | コメント:0 | トラックバック:0 |

ついさっき帰ってきてブラタモリの最後の方だけ見たんだけど東京タワーってほんと美しいよね。
あれはおそらく意図して出せる美しさではない。
まっすぐ行きゃいいやと思ってなんか変な経路をたどりながら裏のほう?から近づいていった記憶があるのですが町の中から見える東京タワーというのが神聖な感じがして未だに待受につかってる。
多分ですがあれは他国の協会とかモスクとかに代表される町にシンボルとかそういうもんなんだろう。技術に余裕があって人に見せるだけのデザインができる現代と違い、当時は機能という物を第一に考え見てくれはまあおまけだったのだろう。要するに東京タワーというのはこっちを向いていないただ上に当時の技術の粋を集めて当時の限界を打ち破ろうとかそんな感じだったのか。

ホント今のうちに休んどかんと後々辛いかなぁとか思ってる最中なんですがまた行ってみようかなぁ…


いまもしドラの予告番組やってるけどなかなか力入れるみたいでいいね。
陶晴賢を世の中なめてますと切手すてたあるいはぷらねてすを生み出したようなNHKの本気が見れるか?
けどちょっと思うんだけど特別なことってのは言ってないんですよね。ただ常套手段というのを体系化しているというところに古典というものの偉大さがあるのであってドラッガーが言っているからやって見るというのは結構あぶないよね。まあドラッガーが言っているからこそ常道という手を恥ずかしげもなく行えるというのもあるのかもしれない。

ひとりついった | コメント:0 | トラックバック:0 |

手元に天神で配ってたチラシがあるんよ。

緑の紙の一面には募金を呼びかける文面、そしてもう一面には募金受入口座一覧、期間及び救援物資の受付についての問い合わせ先のみ。
飾り気も何も無いけどこれ以上に強いチラシというのは他にはないだろうなと思う。

福岡県・福岡県社会福祉協議会・福岡県共同募金会と名が入ってる。
ただ募金を集めたいだけで大きな声を張り上げたりするだけなら他にも出来るのはいるかもしれない。けどこのチラシを手にした人がどんなアクションをとればいいのかが非常に明確でいかにも実務屋といった機能的な書面になっている。現状上がっている問題点などにも配慮されている。

一方で人を説得するための文面に西武沖地震の名を上げるだけなら想定の範囲内だったのだけど豪雨水害の例もあげているのさ。それ福岡県というより福岡市の話じゃんと揚げ足と郎と思えば取れるんでしょうけど、福岡市に住んでひとつの役割を果たし続けた人や組織にしか言えない言葉だよなぁと思う。

どうも私はひねくれた物の見方をするものでここで毒はいておこうかと思うんですが、きれいなユニホームを着て大声張り上げて募金お願いしますとだけ叫んでいる若い子たちみてるとなんか違うよなぁと思う。そりゃ猫の手も借りたい現状だからそういう努力もないよりあったほうがいいんだろうけど、問題に真摯に向き合おうと思うならこのチラシを配ってた人たちなんかを参考にしてほしいなぁ。何も出来ん私が言うのもあれだけどさ。

・・・・・・いや、役所に入るとかそう言うんでなくてさ。
まじめに考えたこといろいろ | コメント:0 | トラックバック:0 |

do-mo見てるんだけど大分にキレ者がいるっぽいね。最近の動きの良さはこの人のせいか?首超なのか?
ひとりついった | コメント:0 | トラックバック:0 |

おー貧血貧血

頭から血が抜けていく感覚

栄養失調とかで倒れ慣れてるんで冷静に膝を折って体制を低くして流れるように横になる

何事も経験、嫌な経験だな
ひとりついった | コメント:0 | トラックバック:0 |

誰も未来を信じない

誰も未来を受け入れられない

だったら

私は



の件はすごいな。台詞の途中でほむほむの声のトーンが覚悟を決めるように座っていく様は圧巻。今回全体通して、おそらくシーンごとに、声のトーンを浮沈を繰り返すむほむの心情を的確に捉えて変えてきている。
さらにこの千和さんの相方を務められる悠木さんもすごいな。収録現場は異様な緊張感が漂ってたんではなかろうか?
ストーリーできになったのが、ほむほむの一周目の世界でのまどかのテンションがなんかおかしいということと、ワルプルギスの夜がくることが公知の事実になっているようなところ。ワルプルギスの夜がくるというのは本編周回ではほむほむからもたらされた情報ではなかったか?まあ何にせよ、まどかが魔法少女になった瞬間というのがまだ描写されていないのでそれこそがこの物語の全てを統べる鍵なんだろうなぁと思う。

あんまりかんいないけど妹がようやく家を出るみたい。ラーズグリーズの悪魔を打ち上げたアンダーセン艦長ごっこをしている最中です。

またまた関係ない話なんですがマグリットの作品をなぜ不安につなげるのかが不思議でならない。
おそらく文学系の思想側の人間が石が落ちてくるかもしれない不安がどうのこうのと言い出したのが始まりかもしれませんけどあれはどう考えても石という文化文明の隔たりなく理解可能な題材をもちいた論理構成用の起点であり言葉とイメージの思考の過程にすぎんだろうに。
例えば今回紹介されていたピレネーの城では、天空の城という言葉を誰かにというかそのへんの子供に言い聞かせてマチュピチュの写真を見せるとおそらくほとんどが浮いてないという反応を返すものと考えられます。ぶっちゃけ今の子供達にとってはラピュタのような空に浮いているのが天空の城なのであってこれは比喩表現ではなく言語で直接指し示すことのできるようになった概念なのです。
現実にはないけど言葉にはできる。シュールだけどリアルな作品群は「目に見える思考との言のようにきちんとした論理構成が可能な作品ですよね。そもそもあの以来に対して不安になるような絵を書くような嫌味な人には感じられませんしね。
そういった思考の起点になるのが石という題材なのであるわけです。
たとえばこれが人だったら天使は飛ぶものだからあまりインパクトがないですし(飛ぶ絵はない立っている)あれは商業作家らしいいい頓智のきいた面白い絵ですよ。
個人的にはアルゴンヌの戦いがいいねとおもった。鉄一キロとワタ一キロどっちが重い?とか言うのの親戚かもしれません。
重さは同じなんでしょうけれど厄介なのは鉄一キロですよね。一般ゴミで出せないから。


あと発電機構の話でまったくとっぴなはなしなんですがスマートグリッドって概念の話になります。
現行の大きくてでっかい発電施設で発電してそれを一箇所からいろんなところに送電するという前時代的な凄惨と流通の関係というのとは完全にちがう思想に基づく規格です。まあ技術思想そのものとも言えるか。
この思想に基づく発電というのは例えば太陽光発電のように中小規模の発電機器をたくさん作ってそれを適宜に流通させる。昔宮殿のエントリーシートだったかに書いて全く相手にされなかったとうじの私が考えた流通モデルというのが例えば農家のおっちゃんおばちゃんやなんかにパラボラのやつの太陽光発電機を二三金額では100万くらいの物を買ってもらって庭とかにおいてもらうんさ。そんで自家用の電気だけじゃなくて余った電気を買って福岡市内とかに流すような感じ。パラボラ系の発電機というのはメンテが難しそうだから管理するよりも使い手の手入れのレベルで何とかできるような廉価な物であれば管理コストもいらんし農家の副収入としても使えやせんかというのを意図してたわけさ。
要するに現状のような一箇所から一方的に流す場合には発電所に異常がなくても送電線の主幹に異常があったらそれでもう終わりですしね。供給元が何千何万となればリスクも分散できる。ヘタをすると今回の震災のような状況でも送電網がある程度切れてもある程度の規模であれば孤立した状況でも電機が生きている区域というものが生じる可能性もある。それに大きくて強い電力というのは基本的に工場でしかいらんのではないかという感覚がある(USBとかは5Vで動くんですよこのへんは以前書いたか?このへんのごボルト系に100vをかませなければ送電ロスも大きく削減できるのではという素人考えがあったりもする)。それになにより技術というものは5年十年で大きく進歩するという時代に生きている私のような人間にとっては何十年も使える発電所というのは何十年も居座る旧式にしか見えないというところがある。こう言うことを考えると中小規模の発電施設というのはアップデートが容易なんさ。安いというのもあるんでしょうけど全体に対して追っている義務役割が分散されているから移転が用意になる。仮に移転先の新製品に問題があっても移転自体が段階的に進ものであるからこれまたリスクが分担されるんさ。こういう観点にたってみると太陽光発電プラントというのがなんだかなぁという感じになる。なんでわざわざ土地買って自分で管理するんだろ、どこにでも置けるというのが中小規模および太陽光発電の強さであるのに。



ひとりついった | コメント:0 | トラックバック:0 |

まどマギ当面放送配信休止とな

きっとハッピーエンドに書き直してるに継がいない

信じて待ってる
ひとりついった | コメント:0 | トラックバック:0 |

土曜も日曜もあるんだよ





休みじゃないというだけの話

ただ付き合い残業で発狂しかけた頃に比べりゃ天国か これをヘブンと読んだら危ないなぁ

ジョンウッドポールハリスンすげえな
あれ黒の点が変わらないというのがひとつ
しろのすくりーんに対して黒が大きくなってきているのが二つ目
その黒の点がだんだんと暗闇のと同化していくのではないかという流れがあるが、最後の最後で全てのスクリーンがなくなってしまうと暗闇がなくなってしまうんさ。当たり前といえば当たり前なんだけど活かす演出の前では条理がひっコンデンサこいつ。
すげえなこれが現代芸術なのか2355 0655か面白そうだ。


スーツケースにスーツが入らない不思議




今日やっと色々と確保してきた。
小説組読む隙がない。

ユエラの少年っぽいろところがなんかいいなぁ。ラフ案を見てみるとどうもボーイッシュというか忍者お姉さん風なデザインから始まったみたいだけどこれがストーリーにどう絡んでくるか。少女から女性への成長あるいは役目から意志への進化、そういったものをどれだけ描ききれるかねぇ。リリィの見守ってくれてありがとうのシーンとかでないたりしたんだけどここんところとかの良さがどこまで出せるか。

萌王の表紙がカラフルピュアガールからプッシュになっとる。
ほんたにさんのは二番のカラーが観たかった。んも~うという声が聞こえてきそうな表情が見たいなぁ。

まどまぎ漫画二巻目。なかなかいい。
新井とか、原作解釈がまだまだのような気がするけどノベライズな上に比較対象がシャフト辛抱なので比べるのがあれなんだろうけれどさやかに焦点絞ったのが奏功したのか。ポテンシャルは結構高そうだ。

ほしラジ復活延期か 二人の声が聞ければまだ戦える!


週アスが私の心を折った
ちょっと青い鳥狩ってくる

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。