暫定ブロードキャスティング

近況: 農業高校ラブコメ 「のうりん」(GA文庫 ライトノベル) は8月12日からきっと大絶賛発売中!!! ちょっと何かに似てるかもしれないけど気にするな!意識してるだけだ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

病床で はがない読んで 咳無数。

噴出すタイミングとせきするタイミングが重なるとはきそうになるけど残念!吐くものがねえぜ!

感想書く余裕がないけど現在社会死を途中まで。


MFは内部でなんかあったんかなぁ?担当さんの入れ替わりがちらほら、広報にも力を入れたり挿絵のクオリティ管理がしっかりしてたり。下克上でもあって新体制になったのかと思いきや101や変態猫はMFで言うと古流の系譜(ギャルゴやアストロノトとか)を継いでるしかといっていちのさんあたりは結構新規格だし。
後がないタイプの爆発というよりも波に乗ってるかんじがひしひしと伝わってくる。

いろんなタイプの人がそれぞれに業を競っているようでなんかいいなあ。

一迅社文庫の募集は締め切ったみたいだけれどガチな本、しかも特定の分野の愛好者ばかりが集まっているのか、どれ読んでも雰囲気がみんないっしょなのであまり手に取らない(二月に一冊ペース)んだけれど、新しい血を入れられるかどうかが今後の展開の鍵になりそうだ。

GAの新規組はフォローする機会を逃したけれど12月のレネシクルと理解は絶対読もう。
白鳥さんの新作は年内来なかったか。

最近裸眼で本が読めるんですが死期が近いのかなぁとか思ったりなんたり。

キサラギゴールドスターがようやく終了。
かなり出来はよいものの前作が夏夢だったのと、クオリティのムラが目立ったのでやや物足りなさはあった。
しかし、ある種のバカゲーというフィールドでここまで感動できるものをたとえ荒くても造りぬいたところはさすがというところがある。(どみるがここに手を出してたたかれてたらしいのでその難しさは押して図るべき)
後気になるのがどこかギャルげーの方程式的なものに無理に従おうとしていてかえって爆発力を抑制してしまっていたようなところがある。そういうところを引きずってなお面白いというのはいいことなのだがチーム全体でまだまだ成長できると思う。個人的にはなきげーだからよいものだとか言うつもりはない。しかし夏夢は全体の流れでもすごくいいなぁとは思っているので本当に基礎的な調整だったり企画段階でのつめが重要だなぁとか感じたりなんたり。
まああれこれいおうが、キャラゲーとしては最高です。
属性的に奈々子さんが大好きだ!早苗さんも最後の最後であの大人の余裕がよかった。


ちょっとファンタジーの話をするとエウはすごいなぁと思う。
部屋を掃除してたら古い雑誌見つけてぺらぺら見てたら昔のタイトルが乗ってたんだけど、プレイ時間が何十時間とか一元さんお断り的な雰囲気がしてたけど最近のってとっつきやすいよね。
一見キャラものにはしったように見えるけれど実際蓋を開けてみると、エウならではのファンタジーの語り口調になっている。
燃えがその一翼であることは確かながらも、たとえば人間と共存している天使・アプさんが自分が認めた人間が評価されてにやけているところなどはファンタジー特有のよさがある。
剣と魔法と王と騎士と魔人と魔神と水竜騎士と天使と高位天使と精霊ととなんかいろいろな人種が混ざった世界にそれぞれの立場からかかわっているというのがよくわかる。
ただの一般モンスターに名前が与えられ、物語が与えられ、それがキャラ重視というものになっている。


スポンサーサイト
ひとりついった | コメント:0 | トラックバック:0 |

●僕は友達が少ない ⑤ (ライトノベル MF文庫J)



絶対、女の子宣言!





はがないもとうとう五巻か、ねくろまのときみたいにやらかしはしないかとはらはらしながら読み進めてたけれど何とか踏みとどまりましたね。
いやはや今回も面白かったです。
序盤、中盤まではいつものとおりかなりねらいすましたキャラコメで突き進み、終盤でまさかの次回に続くときたか。

今回の表紙見たときにこれうちの弟と妹の絵じゃね?と思ったのですがうちの弟も実は・・・・だったりしないかなぁ。

今回読んだ五冊のうち最初の二冊に比べれば非常にうまい書き方をしているなぁと思う。
テキスト量自体はそんなに多くはないものの、多くないからこその伝わり方がとてもいい。

小鳩の「や!」とか実際妹にされたらお兄ちゃんとしては絶対に落ちざるを得ない。
ところでキサラギでいちかちゃんの背に天使の羽があるという描写がされていました。何であんな当たり前のことを書くのだろうと不思議に思っていたのですが、もしかして妹持ってない人にはあの羽見えなかったりするの?(←無理な自慢)今でこそ真っ黒になっているものの昔はあの羽毛にむせたりなんたりしてたんですけど、このねたはストーカーっぽいからここで切ろう。

こういうキャラものというのはあまり書くことがないのですが、なんとなくですが懐かしさを感じるような作風になってきてるなぁという感じがあります。
前巻と今回とは少々ストーリー上の詰めというか切れがいまいちと思うところが少しあったものの、変にわき道にそれることなくきちんとメインのストーリーが動いてるところが、昔読んでいたような素朴な漫画を読んでいるかのようでとても安心感がある。
確かに面白いもののお話がどこに進むのか情報量が少なくてよくわからなかった最初のほうとは付き合い方が違ってきたなぁとふと思う。
外食するときに名店のラーメンではなくリンガーハットのちゃんぽんを選ぶようなそんな安心感がある。

キャラの動きや掛け合いが奇をてらってないというのがいちばんの安定材料なのかなぁ、キャラの動きがとても自然というか星奈の小鳩に執着するあのへんたいっぷりとか見てるとよく人を見てるなぁと思うところがよくある。特にあのマリアに対する態度の急変っぷりなんかは・・・ははは、ちょっとなきそう。

すでに到達点が決まっているからなのか今回の暴発は幸村に矛が向いてストーリー自体には影響がなかったものの次回以降もこのスタイルを貫き通せるか!
読書感想文 2010年6月25日~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

●社会的には死んでも君を!(ライトノベル MF文庫J)★

「狭くて汚い部屋だけど、我慢してくれ」

「・・・・・・うん、大丈夫、気にしないよ」

彼女は地中へ潜ったあと、街灯の上まで飛び上がり、両手を広げて微笑んだ。

「私には狭いとか広いとかいう概念は無意味だからな」








社会的には死んでも君を


それでも私は



「お前と同じ目の高さで、桜を見たい」」



続きを読む
読書感想文 2010年6月25日~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

どうも目が良くなっているようで普段かけている瓶底では家にいるとき目に負担がかかりだしたので、度を少し落としたメガネを作った。

レンズ交換だけにしようかと思ったけれど、愛用のフレームの痛みを考えたりフレーム込みでも千円しか違わないという事情も合わせて新しいメガネを作ることになった。


その結果、目にとても優しいメガネが出来上がってとても満足。

均一眼鏡屋で、セルフレームの安いやつで、しかも一番安い球面レンズを使ったのに。

セルフレームでメガネを作る場合にはフレーム自体の太さがあるので、厚いレンズを使ったとしても歪なシルエットにならないというのが盲点だった。

しかし、オサレメガネがとことん似合わない顔をしているのでずっとセルフレーム関連は敬遠していたものの私にも合うメガネがあって助かった。
メガネの似合い具合は真鍋かをり級の妹ほどではないにせよ、なんとか人前には出られるくらいのメガネを装備した自分のすかたを鏡で眺め、俺リア充に慣れるんじゃね?的な妄想をふくらませたりしたりしなかったり。

かなり分厚いレンズであるものの周辺視野の歪みはあまり感じられない。キサラギゴールドブックを眺めてみてもそんなに違和感はない。むしろ目に負担がかからないのと、レンズの透明度が上がったせいか、とても色づきよく沙弥の着物姿を鑑賞しています。
まあ確かに重いものの、その分がっちり固定されているのでずれることはない。
一番感動したのが、眼球だけをを動かしても変に歪んだりする現象が生じないこと。
特に自転車を漕いでいるときなどにちらりと目だけを動かして周囲を確認するという作業では首を頻繁に動かさなくていいので、今までとは違った感覚が味わえる。
レンズが大きい常用の瓶底のほうが目を動かさない状態での視野は大きいものの、これはこれでいいものだ。

長時間本を読む作業に使ってみたところ、これもなかなか良く、今までよりは若干目に対する負担は軽くなっている(度が弱いというのもあるだろうけれど)

これはかなりのパラダイムシフトで、メガネの特にレンズに対する見方が変わった。

文字通り世界の見方が変わったわけです。

しかし、今日発掘した黒歴史を読んで見ても世界が塵と化すような恐怖は変わらなかった。
黒歴史が来る前に武士の家計簿観に行こうかなぁとか思う今日このごろ。


あとアルコール度数が10%以下のものはお酒とは言わない。
お酒はあまり好きではない(だって酔えないんだもん)のでカルピスとかお茶のほうが好きで、スタバでもおちゃ(紅茶ほうじ茶どっちも)頼む俺かっこいい!!と思ってる。

スタバの紅茶は良い紅茶だよね。
紅茶にしては匂いがわかるように濃くかつ味がはっきりわかるようにしてある。
紅茶なのにあの量がいっぺんにカップの中にはいるのはどうかと思う。
けれど、最初はストレートで飲んであとからミルクや砂糖を加えていくと飽きずに飲める。
コーヒーはブラックで飲むので、スタバのあのミルクとか砂糖とかがきついコーヒー系のラインナップにはすぐ飽きてしまったものの、もともと紅茶派の私にとってはうれしいラインナップになってる。

頼むのは基本的にアールグレイ。美味しいのは他にもあるんだけど、やはり飲み慣れているものがよい。しかも慣れ親しんだものでその品質の高いものが飲めるのだから落ち着いて時間を過ごす為には本当に助かる。(幼なじみが祭りの日に浴衣を着てドキッとするけれどすぐに落ち着くあの心の動きを思い浮かべよ)

前福岡に行ったときにはベローチェだっけ?川端にあるヤツに行ってたんだけど、あそこいいね。
大学生っぽい人たちが長時間勉強しているので私が長時間居座っても違和感ないところとか…
というだけではなくて、サイドメニューがサンドイッチのような軽食中心なところがいい。ツナサンドばっか食べてた。

他のコーヒーショップでは、例えばスタバでは砂糖が強いお菓子が中心であったり、他では結構本格的なホットドックやBLTサンドが中心だったりするけど、頻繁に通うとなると砂糖が強すぎると糖尿の危険が生じるしご飯を食べに行っているわけではないから軽く腹を満たせるくらいのものでいいのですよ。
そういう意味で200円であのガッツりツナの挟まったツナサンドが私の需要にジャストミートでありました。

あとは奈々子お姉さんのような素敵なお姉さんがいればなぁとか思ったり。
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

他の部屋に侵攻中


ハウスダストで私が死ぬのかさきか、私が全ての埃を払うのがさきか
ひとりついった | コメント:0 | トラックバック:0 |

雷近くに落ちた

家揺れたぜ
ひとりついった | コメント:0 | トラックバック:0 |

体重計乗ったら公約時から4.5キロマイナスになってた。

何だこの激やせ、そろそろ死ぬのか?


といっても立ち仕事やってたときの体重に戻っただけなのがなんとも

自転車はいいよね
やったことといえばバイクで一時間の距離を週三のペースで自転車で一時間二十分こぐ位の物

もともと物を食べない人なので食事制限が出来ないのに何故か太るという特異体質だったのもあるけれど、一日に食事は一回しかも夜間に指定されていた慣習を紆余曲折を経て拒絶して朝方というか動く前に軽くものを食べるようにしたのがよかったのかもしれない。

この道結構上り坂はあるものの忍耐力がついたりペダリング技術というか力を入れて立ちこぎをするのではなく座ったまますこしずつでもいいので継続してこぐ力加減がわかると意外と簡単に坂は登れてしまう。

今乗ってるのがサイモトという所のオートライト自転車なんだけれど、これがまた出来がいいものらしく、新しい自転車に手を出してみるかなと見に行ってみても廉価なマウンテンバイクよりも軽かったりする。(作りでも引けを取らない、どうやらOEMでは最大手のところのらしい)
自転車に凝る場合にはロードバイクやクロスバイクに手を出すのが常道なんだろうけれど治安が悪いので高い自転車を買うとぱくられそうだ。

いい自転車と言ってもすでに4年ほど前に買ったもので、しかも凸凹の多い道を長時間走るため近くがたがきそうではあるので代替機は考えなイカンよなぁ

マウンテンバイクを買うことにはなるのかもしれないけれど、マウンテンバイクってのもピンきりらしく二万程度のものに比べれば今乗っているもののほうがいいような感触がある、けれど3万台のものだと触ってすぐに分かるほどの軽さがあって、おお!と感動した。
けど買っても恩恵はないんだろうなぁ、最近負荷が足りねえ!って思うことがよくある。むしろリサイクルショップのママチャリでさらに筋肉をいじめるのもありかもしれない。

土地柄歩道を走ることが多いのでほとんどスピードを出さないんで変にスピードが出るものは要らないけれど、のち心地がいいものはほしい。

ふと思ったんだけど一輪車って坂を登るのに最も適してるんじゃないかなとか思ったり。
だってあれギアない上に軽いし。
羞恥心を捨てられるのであればいばん良い線選択肢かもしれない。
ひとりついった | コメント:0 | トラックバック:0 |

◎ WD20EARS

WD20EARS についてのメモ

フォーマットに5時間半。
WD Align適用に数秒。


大丈夫なのかこれ?


ちなみにWD Align適用における変化は以下

before
WS000614.jpg

after
WS000615.jpg

ちなみにマザーはA8N-SLI Deluxe
OSはXP

なんぞコレ?

通常の三倍どころの話じゃない、六倍だと・・・

システムには使えないらしい。
ボリュームにも使いがたい(だってなんか怖いんだもん)


現在のシステムHDP725050GLAのベンチは以下
WS000616.jpg

世代がここまで違うと性能は圧倒的に上かぁ、でも信頼性という部分ではしばらくはテスト使用しないと本格的に何かに使うことはできんだろうなぁ・・・

どっちもインテリパワー搭載機なんだけれども、日立の2テラモデルはインテリパワー搭載してないんだろうか?
店頭では価格差が2500円以上だったので迷わずこっちを買ったんだけれど新規格品を使うという事はこれほどまでに不安を与える物だとは思っても見なかった。

テストパイロットってこういうのに命かけるんだからすごいなぁとか思う。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ズゴックの唐揚げか・・・

ぼっちの私には入りづらいよねああいうところ・・・というか餓鬼なのでああいうとこ無理
ひとりついった | コメント:0 | トラックバック:0 |

あれ?今日15日?
ひとりついった | コメント:0 | トラックバック:0 |

★踊る星降るレネシクル 3 (ライトノベル GA文庫)


いいかい。
これだけは覚えておくんだよ。

あいつが『ラヴ』なお前は、
他人の作り出した甘い夢の中で眠るお前じゃない。

たとえ傷だらけになろうとも、

目を開けて夢を見ようとするお前だ






続きを読む
読書感想文 2010年6月25日~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

★月見月理解の探偵殺人 4 【ライトノベル GA文庫】


……そうか

なら、俺様が君の善意を殺してやろう


君は自分の心を守ったまま、俺様の武器となればいい。


君が生き残るための、簡単な仕事だぞ、




なぁ?









目次


◆Black box  ―プロローグ―◆

◆Phase1  ―箱庭への招待―◆

◆Phase2  ―出会いと再会―◆

◆Phase3  ―刺客―◆

◆Phase4  ―嘘と刃―◆

◆Phase5  ―歪んだ結末―◆

◆Phase6  ―殺意の協力者―◆

◆Phase7  ―最後の選択―◆

◆Ground zero  ―エピローグ―◆






続きを読む
読書感想文 2010年6月25日~ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。