FC2ブログ

暫定ブロードキャスティング

近況: 農業高校ラブコメ 「のうりん」(GA文庫 ライトノベル) は8月12日からきっと大絶賛発売中!!! ちょっと何かに似てるかもしれないけど気にするな!意識してるだけだ!!

メディアの違いを理解せよ!/涼宮ハルヒの消失

見に行ってきた。

もうしばらく映画はいいや。

DVD!DVD!


まあなんというかオタクと言うよりはオタクを気取りたいクソガキどもが何かをむしゃむしゃばりばり頬張る音やむせてゲホゲホ気持ち悪い音を立て、こっちにまで食い散らかしが飛んできやせんかと気がきではなかった上にやめときゃいいのにまたなにか喰い初めて咀嚼の音が響き、またむせてはまた食べ始め。なに?美味しいの?それ?そこまでして食べないと死ぬの?ねえ馬鹿なの?死ぬの?
学習能力が無いのかね、全く。ソーニャさん、お仕事ですよ。
昔物を汚く食うなと教えられましたがああいう残念な子になるなという言葉だったんですよね。
モノを食うにしても口を閉めろ、少しずつ喰え、無理して喰うなと誰にも教えてもらえずに育ったんでしょうね。マナーが悪いとかそういう次元じゃないの、気持ち悪いの。

前半はもうイライラいらいらしながら見てたんですがそういうのが気にならなくなるくらいには面白かったです。前後左右に座ってた人は良く我慢したよね、ほんと。


正直なところなのはの方が観客の紳士率はたかそうだよなぁと思いました。


さて愚痴を最初に書いてみましたが、そういう変なのがあつまるくらいにはお客さんはいってたんですよね。隣でアバターがあったというのに競合した上で善戦ということを考えるとおそらく商業的には成功だったのでしょう。
けれど映画としてみると微妙なところ。
印象だけで言えば面白かったよねといわれれば頷く程度で面白くなかったといわれれば否定はできない。正直なところ微妙な出来。

ところで私の前提条件について。
原作は金帯がついている頃に一巻だけ読んでいて地上波放送のアニメは一期を放送当時にみて二期に関してはスルーしました。
アニメを見るに際して京都アニメーションの作画だから見るとかいう趣味嗜好はなく、最近のアニメーションで出来がいいものはと聞かれたらサマーウォーズだと答えます。

なんで見に行ったの?

という経歴なんですが、本当になんで見に行ったんでしょう。苦労して博多まで出て夜遅くまで・・・


実際問題ストーリーを追うことはできるのですがなんかぺらいなぁ。
作品あるいはキャラに入れ込んでいるのであれば面白いのかもしれませんがそういうものが無い人にとってもある種のSFとして魅せられるだけのものはあるのになぁ・・・
ストーリーだけはいいような気がします。ただ淡々と問と答え合わせをやっているだけのようでワクワクはするけれどそれ以上のものがないというか、あくまでもキャラ萌えありきであることを考えておかなければ辛いですね。ストーリーの面白みというのも客観的ではないといわれそうですが演出に関してもなんか音楽でゴリ押ししすぎているような気がします。

次に作画の問題について。これが一番気になりました。
テンプレ的な構図で客観的な見方を演出しているのがこの作品の魅力ですなどと語り始められると私には反論の余地がありませんが、なんとなく視点が遠すぎやしないか?動画、作画に関してもそんなに際立っているとは感じませんでした。むしろ何故か人物だけが妙な動きをして浮いているようなシーンもありましたし、終盤で朝倉さんがくるくるしてたくらいしか動画として面白いところはなかったような気がします。その他のシーンでも演出らしい演出はされているんですが特にそういう細かいところに世界的な定評がある邦画(実写、アニメ問わず)などと比べようものならボロが出るのも仕方なし。邦画ではそういう細かいことが出来ているのが普通なので特にどこどこのスタジオだからこの表現は出来ないというレベルの話ではないような気がします。背景画の技法にしてもあくまで表現技法の一つとしてはいいのかもしれませんがなんとなく違和感があります。毎週放送するアニメの作品ノウハウそのままで映画を作っている印象があり、アニメの延長としてしか見れないようなクオリティです。好きなアニメを大画面でみたいという人にはいいんでしょうけれど映画を見に来たという人には肩透かし感が強かったのではないか?


なんというかオタクと言うか一般人としてみると?な出来です。例えば私が強度のオタならば物販に並んだりしてグッツを買ったり原作を買って読んで流れに乗ろうとするんでしょうけれど正直なところそこまで労力を掛けたくないというのが本音です。ならほっときゃいいじゃんといわれればたぶんほっとくでしょう。
2時間40分を退屈しなかったというのは確かなのですが退屈しなかったからどうなんだといわれれば答えに窮します。



そうは言っても商業的には成功していることでしょうね。
変な方面から見てみるとおそらくはアニメ関係のコンテンツホルダーにとっての市場テストのような意味合いがあり、現在最高レベルの知名度や話題性を誇る涼宮ハルヒという商材をを使ってどれほどまでの収益が上げられるのかという基準として今後のアニメ関係のメディア展開を左右していくものになるかもしれません。
例えば仮にほかレーベルがヒットしたアニメを映画化するという企画が持ち上がったとき、例えば涼宮ハルヒの消失の興行収入がいくらで原作の販売部数から考えると初期予算はこれくらいで・・・という話が何年後かには当たり前にされているのかもしれませんね。
スポンサーサイト



読書感想文 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |