暫定ブロードキャスティング

近況: 農業高校ラブコメ 「のうりん」(GA文庫 ライトノベル) は8月12日からきっと大絶賛発売中!!! ちょっと何かに似てるかもしれないけど気にするな!意識してるだけだ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

絡みつく茨のつける傷が、歩くたび、私自身を試すの/蒼海ガールズ!




・・・挿絵ってあの人だよね。塗りが違うと印象変わりますね。

失礼しました。



世界観の描写という表現がありますが自分の手の届く範囲での世界の描写が楽しめる作品でした。
いわゆる国家が云々というよりも主人公が転がり込んだ船が彼のほぼすべての世界なのです。

そこでは丘とはちがった文化があり生活がある。ということをまず前提として帆船の運用の描写が素人目には面白く、まっとうな海戦描写にいたっては御恥ずかしながら初めて読みました。海戦などというと日本海海戦や関門海峡での源平の争い(海峡に誘い込んで陸からの遠矢を使った殲滅戦なので海戦ではないかな?)、中世日本では海戦というと熊手や火矢、焙烙火矢投げ合ってるようなイメージしかないので明確な戦術的行動をとった海戦という意味合いでは珍しいお話です。

ただその珍奇さだけで続編は期待できるのかというと難しいところ。
そこを補うのが普通とは違う文化の中で繰り広げられる人関係だと思われます。

何ですが、なんとなく弱い気がします。標準以上ではあると思うんですけれどもやってることがやっていることだけにキャラを突出させるわけにも行かないような。お話自体はうまく作りこまれていて楽しめるのですがキャラの問題か?よくわかりません。きっと時間の問題でしょう。

高いレベルでまとまった良作です。が、これといった記号がないのが惜しいところ。
まだシリーズが続けば修ちゃんが何とかしてくれるに違いありません。
いい卵であることは間違いないのでこれから孵化してくれることに期待です。
スポンサーサイト
読書感想文 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ガンダム最終日

お台場に立っているガンダムは何かと話題になっていますが、等身大のガンダムというのであれば富士急アイランドにもあるそうです。

あるそうなんですけれどもやはり普通の風景に中にたたずむ光景を見たかったなぁ。



非常に調子が悪い。

昨日今日明日と連休なんでこれを機に!!とは思っていたんですけれども本屋に行くのも億劫な状態。

吐き気がする、すっぱいものが食べたい、けだるい、・・・妊娠したか?


という冗談はさておきレーダーが効かない状況下では光学カメラによって敵を捉える必要が出てきます。そう考えるとモビルスーツの頭というものは高性能なカメラを運用するためのユニットであると考えたほうがいいのかもしれません。現代の戦闘機にしても意外と中はすっからかん。機体内部の空間を燃料タンクにするというもあるんでしょうけれども中に入っている機械というものは制御系と後のほとんどはレーダー関係の索的、捕捉に関するものくらいです。

いわゆる高性能といわれるものは突き詰めて考えてみるといかに優秀なインターフェイスを搭載しているかどうかという話になるような気がします。どんなに優れた処理能力を持ったPCがあってもディスプレイが旧型の液晶だったりマウスが580円のボースマウスだとたいした能力は発揮できないのでしょう。

んデ何が言いたいのかというとH2Bのお話。

あまり詳しくはしらないんだけれど8トン輸送が可能になりなんとなくすげーと思うんだけれど実際にはどのくらいすごいのかわかりません。

こういうスペックは高そうに見えるのだけれどissに8トンの荷物を乗っけられるのかね?宇宙なら外部コンテナに適当に繋いでいればいいのかもしれませんがビジネスとして考えるのなら一トンが10億位で運べるものを追求したほうがいいような気がします。

要するに経験が足りないような気がします。いろいろと。



・・・だめだ、本日はこれまで。
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

久しぶりのオペアンプ交換

UF-30は音の焦点に特徴がありImagex10とは違った音・・・というよりもImagex10は音源に依存しすぎる嫌いがありUF-30は音源には鈍感です。

鈍感とはいってもやはりそれなりに音源の影響は受けるわけです。

というわけでUF-30に最適なオペアンプの構成を検討してみました。


結論。
バッファーにオペアンプを入れると作り物っぽさがぬぐえず、ここにはD10付属のダミーバッファーを挿すことに決定。

そこでLRにいくつか差し替えてみるとADA4841が一番良かった。

この状態での音は非常に自然?というなんとも形容のしがたい音。
弦楽器を妻はじく音が結構細かく描写されていて面白いです。声のニュアンス表現についてもなかなか。ただしやや力不足のような気がしないでもない。

・・・と思ったけれどそうでもないみたい。
UF-30とICONやnanoのほうが力感もよく特にICONのほうはざらつきもあまりなくほぼ弱点はないような気がするけれどこの構成も悪くはない。


NuForce UF-30 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。