暫定ブロードキャスティング

近況: 農業高校ラブコメ 「のうりん」(GA文庫 ライトノベル) は8月12日からきっと大絶賛発売中!!! ちょっと何かに似てるかもしれないけど気にするな!意識してるだけだ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

柴田勝家がGカップとか/織田信奈の野望



恋姫無双から始まった歴史もの擬人化の作品群の中ではひときわ出来の良い作品。

これを書いた人は古いコーエーのファンに違いない。
大公立志伝2などを彷彿とさせるイベント各種にはにやりとさせられます。
個人的にはエディット武将で出陣中の音楽とか好きでしたがそのほかの音楽も秀逸なものが多かった記憶があります。

私がやったのはセガサターン版。
戦国の世の中を個人として渡り歩くという斬新さを今でも忘れられません。
何日も賭けて町から町へと物資を買い歩いた日々。軍馬調達が安定してたんだけれどね。四国の土居さんと富山の冨田さんは両腕でした。施薬院様、宿に泊まる金がなくてよく転がり込んでも暖かく迎え入れてくださってありがとうございました。

さて本書の登場人物は以下の通り。

織田信奈 白銀さんちの妹似。けれど信長をうまいこと擬人化している。cvはツンデレ系の声優さんではないほうがいいと思う。高貴さが出ない。チャームポイントは見せブラ。しかも黒。

柴田勝家 Gカップの巨乳担当。本作ではちょっとお姉さん的役割。戦馬鹿。算数すらわからないのよ。cvはおそらく御前様。

木下籐吉郎 序盤で討ち死に。オリジナルの志を受け継ぐのが本作の主人公相良良晴。

犬千代 無口ぼそぼそしゃべり?炉利担当。前田利家と言うと個人的には渡辺徹だったり槍の又左だったりするので実力のあるパートナーで登場させてくれるのはうれしい限り。途中でグレてかぶいてバサラになるので再現性が高い。世話好きと言う点でも史実に忠実なのか。

はちちゅかこえもん 舌足らずな炉利担当。蜂須賀正勝と石川五右衛門のハイブリッド。影。各地の出来事をつぶさに報告してくれるほどではありませんが有力な川辺の勢力の長でありロリコンたちの崇拝を一身に集めている。史実では秀吉の配下となったのはのぶせりだとか何とか言われていますが本書では屈強なロリコンどもです。このような下っ端がいるからこそ物事は動くのです。個人の機転だけでどうこうなるレベルではないと言うリアルさが又面白い。

ねね 活発な炉利担当。檻降参。正直あまり役に立たない。だって8歳だもん。けれどドラマ的にはいろいろな役割があるんだろうなぁとは思うんですけれどもこの先どう絡んでいけるのか?

丹羽長秀 お姉さん担当。絵なし。能登ボイス。

主なのはこのくらい。
炉利率が異様に高いような気がするけれどもそれはそれ。むしろこっちのほうが面白い。

正直なところ続きが気になる。
桶狭間の戦いが終わったところなので次は美濃の攻略戦です。
病弱な竹中半兵衛を再三にわたるストーキング行為により衰弱させた上で拉致るとか言う筋書きになるのか?戯れに稲葉山城を占拠するようないたずら好きのお姉さんキャラなのか?

特に気になるのは金ヶ崎退却戦なんですけれども生きて帰ってきた良晴を全軍の前で信奈が抱擁くらいの演出があればなぁと思います。

歴史ものとしてけちをつければきりはありませんがライトのベルとしては上々の出来です。

絵買いしたものではありますが読んで見てもそれに不釣合いなものではありません。久々に見た無名の傑作、・・・良作。

本格派がよろしければこちらをどうぞ。

道三編は名作だけれど後半は普通。値段がそれを物語っています。もうちょっと大きい差胸いる二十日円門ですかね。
スポンサーサイト
歴史小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。