暫定ブロードキャスティング

近況: 農業高校ラブコメ 「のうりん」(GA文庫 ライトノベル) は8月12日からきっと大絶賛発売中!!! ちょっと何かに似てるかもしれないけど気にするな!意識してるだけだ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

BEHRINGER AMP800

 ヘッドホンアンプAMP800。
 これ自体は五千円くらいで購入可能なものですが、接続するために使うケーブルが家電量販店ではあまり見慣れないフォーン端子のため注意が必要です。大きな量販店ではたまに使えそうなケーブルを発見することがありますがそれは抵抗入りであることが大半であまり役に立ちません。下手をするとケーブルをそろえて使える状態にするのに一万円を超えることがありますので、サウンドハウスさんなどの利用可能なケーブルも取り扱っているショップで購入するのが賢明でしょう。いやね、ほんと総額で一万円超えちゃってるんですよもう・・・
 これCLASSIC PRO DPR010とか、これAUDIO TECHNICA ATL4A62/1.5を使っていました。

Image0141.jpg

iBassoD2Boaとの比較。ちなみに左上に移っているのがD90です。私の環境では大きさと音質が反比例しています。

総論
 印象はやや硬質な音、張り詰めたような印象があります。しかし、音自体はザラザラとした点の集まりのような感じでぼやけた感じもする。シンバルの表現だけはうまいけれど、それ以外はすべてにおいて今ひとつ。
 音に力強さを加える以外はほとんど味付け的なものはない。高音域、中音域、低音域すべて出ているが脚色はない。
 分離はそこそこD90よりややよい程度、D2Boaには及ばないが音源のノイズには敏感。解像度は音源に依存、定位についてはヘッドホンに大きく依存する。AD900使用時にはソースのDVD音声のエコーの掛け具合が手に取るようにわかるようになるがかなり耳が痛くなる。
 
 各論
 今回はSE-U55SXを音源として使用。以前の環境と同様です。

 K271S使用時
 相性は最悪です。音が前方で団子になっており好んで使おうという気は起こりません。このヘッドホン特有のアコーステックギターなどに顕著に現れる揺らぎうまさや音の線の美しさがまったく感じられなくなります。これならまだD90にさしていたほうがましです。

 EX90SL使用時
 使えなくもない。けれど無理やり感が否めない。鳴らしはするが壊れそうでつかっていられなくなる。

 AD900使用時
 相性は最高です。以下詳細。
 中高音域の表現に優れた環境。低音域については必要最小限は出ているという感じ。
 解像度は非常に高い。私が持っているほかの音源に比べると群を抜いている。圧倒的ですらある。
 音の分離はなかなかによい。純粋に音を聞き分けるといった楽しみ方をした場合にはD2Boaのほうが優れているが、こちらはソースのノイズやアラにまで敏感に反応するのでモニター的な聞き分け作業に優れているように感じる。原音に忠実という表現があっているものだと思う。
 定位についてはやや微妙。オーディオテクニカのヘッドホン特有の癖なのかボーカルが目の前にあり左右に音像が展開している。臨場感を感じると評価することもできるかもしれないがボーカルとコーラスをかぶせているような曲を聴くと違和感がある。
 音像については優れている。特に音像が目の前に結像する感覚はこの環境最大の持ち味だと思う。
 音の質感について、硬くてやや張った音はこのヘッドホンと非常にマッチしていると感じる。固めの音を出す楽器全般、澄んだ女性ボーカルに向いている。また、AV機器としてみたとしても硬い音質のためかやけに臨場感を与える。音像にも優れているためにやけに生々しい。ボーカルのブレスなどにも敏感に反応するのでそっち方面にも使えるんじゃないだろうか。
 注意点、音が軽い。人によってはただのスカスカな音に感じるかもしれない。音が硬い割には力強さを感じないために物足りなさを感じる。ミクロ的には個々の音の表現はうまいが全体的或いは時間軸に沿ってマクロに評価した場合音と音との間にどうしても隙間を感じてしまう。これを、透明感のある音だと認められればいいが、私はスカスカとしか評価できなかった。
 注意点その2、音の堀が浅い。SN比は高いとは思うが音がのっぺりとしている。表現が難しいが、例えばある一定位置のボリュームにおいて無音と最大音量との間の間の差は高くても常時最大音量の8割程度以上の音量の間で出力が上下しているだけといったような感覚。物足りなくてボリュームを上げていくといつの間にかとんでもない音量になってしまっていたという経験を引き起こしそうなもの。このためか耳が痛くなることが多い。
 この二つの注意点は私がD2Boaを気に入ってメインを入れ替えた消極的な理由とほぼイコールです。

 まとめ
 AD900を使ってみた感じでは、5000円でこれだけやれるのなら十分に評価できるものだと感じました。しかし、低価格ゆえなのかはたまた中高音重視の環境では仕方のないことなのか、私の耳には合わない結果となってしまったのはとても残念です。特に耳に対する負担は大きく、D2Boaの耳に優しい音に慣れてしまうとAMP800とAD900との組み合わせでは一曲聴くのがやっとということが現状です。
 お勧めとしては、味付けの強いリスニング用のヘッドホンでモニター用途、或いはAV機器やゲーム機との接続だと思います。
スポンサーサイト
AMP800 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。