暫定ブロードキャスティング

近況: 農業高校ラブコメ 「のうりん」(GA文庫 ライトノベル) は8月12日からきっと大絶賛発売中!!! ちょっと何かに似てるかもしれないけど気にするな!意識してるだけだ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ONKYO GX-D90(B)

 使用環境はSE-U55SXからの光デジタル接続。ケーブルはオーテクの古いケーブル。ちなみにオカルトレベルの話になるがオンボードおよびSE-90PCIの光接続端子では音がスカスカになった。これは音作り云々というよりは経年劣化による品質の低下と考えている。なお、オンボードの同軸接続は良好。ただこの同軸はSE-U55SXとつないでいるために使用していない。
 SE-90PCIとのアナログ接続はお世辞にもいいとはいえないものだった、SE-U55SXとのアナログ接続は悪くはないとはいえこのラインアウトをヘッドホンの音源として使用したほうが効用が高いと考えたためスピーカーには使っていない。

総論 
 このアクティブスピーカーは低音域が極度に強調されている。
 スピーカーとして使う場合、これは大きな武器になるがヘッドホンを使用する際には最大の障害となる。
 D2BOAのように良質の低音というわけではないので、低音域をうまく再生できてしまうヘッドホンよりも手持ちのなかではAD900のような低音控えめ或いは低音に対して鈍感なヘッドホンのほうがあわせやすい。

 音の性格については、音楽的な音というよりも汎用のスピーカーを目指しているような印象を受ける。
 低音域の極端な強調以外にはこれといった音の味付けは 感じられない。高音がばっさりやられている、或いは高音域が伸びないといった評価を目にすることがあるが、これは高音域が押さえられているというわけではなく、一切味付けされていないためだろう。USB接続のD2Boaのときに感じたようなあからさまに(これは意図的にだろう)高音域を減衰させているというわけではなく、きちんと聞こえてくる。

 SE-U55SXやD2Boaのようにサ行のきつさやエッジが押さえられているわけではない。低音域が強すぎるために解像度については判別が難しいがオンボードほどには低くない。線は太くも細くもなく。分離はそれなり、音像定位についてはスピーカー使用時にはこの機種最大の強みだがヘッドホン使用時にはよくない。SE-U55SXのヘッドホン端子に似たような音だがあれほどにひどい癖はなく、きれいとはいえないがそれなりに汎用性はある。

使用例
 スピーカー
 スピーカー同士の間隔を取らずに本立て代わりに使っていた時期があるがそのときは大していいものとは感じなかった。左右間隔6cm。
 部屋の模様替えをしてディスプレイの脇に配置するとなかなかにいい音を出すようになった。左右の間隔は60cmぐらいははなしたほうがいいかも。
 スウィートスポットはやや狭い気もするがそこから外れてもそれなりに聞こえる。
 低音が強すぎるためにサブウーハーの必要性は感じない。インシュレータもしくはそれに代わるスペーサは必須。机なり床なりにべた置きすると低音が大暴れするので音が悪くなるし何よりも近所迷惑だ。 音像がはっきりとしているため音楽を聴くよりはテレビやDVDを見ることのほうに向いているだろう。高域はキンキンした表現はないがエッジはきつめに感じることがある。
 クリアー系の音を求める人は回避すべき雰囲気重視の音。
 現在、デジタル入力はPC、アナログ入力はビデオデッキにつないでいます。 

 ヘッドホン
 K271Sでは解像度の高さと中高音に逃げ場があるために低音の強いソースでも聴かない限りうまいこと聞こえるが、MDR-EX90SLでは低音域にマスクされ使い物にならないことが多い。AD900は先に書いたとおりこの低音域の影響を受けにくい。

 結論として、音像と定位で聴かせるタイプのスピーカーでありヘッドホン端子はおまけにしては健闘している。
 低音域の問題をクリアーできる又は再生中の音のバランスを容認できるヘッドホンを現在使用中であるならば無理をして一万円以下の据え置きヘッドホンアンプを買い足す必要はないだろうレベルの音。AMP800との比較ではこのように感じる。
 
注 ノイズに関して、ノイズフィルタタップに電源をつないだ状態ではかなり軽減される。さらにある程度使い込んで、まめに電源を落としてやるとほとんどサーノイズは感じない。よく耳を澄ませば感じる程度。

余談
 AMP800を使っている印象では、一万円以下のヘッドホンアンプを導入しようとする場合にはSE-90PCIのようなサウンドユニットを別途用意したほうがよいと思う。

スポンサーサイト
書きかけの | コメント:0 | トラックバック:0 |

12月25日はMFJのラッシュのようです。
アリアIS、そのほか目白押し。


なんというクリスマスプレゼンツ・・・

ところでとらのほうではISは販促企画に含まれていないようですね。

今日のGAマガジン探索記、結論・多分田舎では売ってない。大きな大学があるところの本屋とかなら違うのか?と思うけれどそれなら天神いったほうが確実だよなぁ・・・


IS表紙は小型おさななじみ鈴音。表紙カットうまいなぁ。だんだんとリミットが外れてきてんのかな?
書きかけの | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。