暫定ブロードキャスティング

近況: 農業高校ラブコメ 「のうりん」(GA文庫 ライトノベル) は8月12日からきっと大絶賛発売中!!! ちょっと何かに似てるかもしれないけど気にするな!意識してるだけだ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

SE-U55SX レビュー

 ONKYOのUSBオーディオデバイスSE-U55SXです。かんたんにレビューが書けそうなのでとりあえず書いてみます。
Image013.jpg

 引っ掛けているのはAD900です。

 使用環境
 ヘッドホン端子の評価です。
 USBケーブルにてA8N-SLI Deluxeの背面ポートに接続。使用したケーブルはエディロールのUSBケーブル。電源はオーテクの昔のノイズフィルターつき電源タップです。
 ほかの環境は以前と同じです。

 評価総論
 非常に線の細い音を出します。か細い針金のような芯といいましょうか、が通っておりシャンシャンとした表現が特徴的。シンバルやドラムの膜の振るえ、マイクのハウリングのホワンホワンなど。
 高解像度。
 高音はキンキンせず、中音域は情報量豊か、低音域は重視されているわけではありませんが強調はされています。
 分離はそこそこ定位もそこそこうまいことこなしてくれます。

 注意点 現在と使い始めではかなり印象が違っています。以下ではかなりの割合で過去の記憶、未だ爆音に慣れていなかった頃の印象を参考に今の判断をのべています。視点がはっきりしないことがありますのでご注意ください。

 低音域が強調されているために一見SN比が高く感じることがありますが中高音域のSN比はあまりありません。奥行きなどは確かに感じられるのですが写真の中で感じられる奥行きのような感じです。
 このためか再生する音は非力です。K271Sでボリュームを1時くらいまで上げてようやく乗りよく聴けるようにはなりますが大して楽しくはありません。昔の私はここまでボリュームを上げると音の細部が塗りつぶしたように感じると判じていました。これが歪みでしょうか。


 
 評価各論
 K271S使用時
 分離や定位を解剖的に聴くにはいい組み合わせ。また、バイオリンの独奏で音が一本の線として聞こえるさまは特筆すべきもの。総論に書いたような表現をうまくこなすがあまり力がないのが致命的。

 AD900使用時
 淡々と鳴っています。ただひたすらに、きれいに淡々と。楽しくありません。

 EX90SL
 不倶戴天の敵のようです。使うに耐えません。

 まとめ
 きれいな音を出しますが扱いづらいというのが正直なところ。ソースを選びすぎることもあるので今ひとつ。アンプをつなぐことを前提としているためか、DACとしては優秀なのですがヘッドホン端子はどうやらおまけのようです。合うヘッドホンとはとことん合うのかもしれませんが。
スポンサーサイト
SE-U55SX | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。