暫定ブロードキャスティング

近況: 農業高校ラブコメ 「のうりん」(GA文庫 ライトノベル) は8月12日からきっと大絶賛発売中!!! ちょっと何かに似てるかもしれないけど気にするな!意識してるだけだ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「そら・・・すき?」<7月15日午後6時以降およそ二時間>

馬鹿みたいだが二時間近くいい写真が取れる場所を探してただひたすら走った。
信号待ちでふと隣を見ればスクーターに乗ったおっちゃんが口を馬鹿みたいにあけて空を眺めている。

私も似たようなものだった。

Image018.jpg
Image020.jpg
Image021.jpg
Image025.jpg
Image027.jpg


スポンサーサイト
写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |

がんだむ

自分で撮った写真ではないけれど今日のデイリー読売(英字新聞)に載ってるガンダムの写真が今まで見た中で一番魅せ方がうまいなぁと思った。
写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |

長崎の黒崎教会と天草の崎津教会

去年の写真ですがお蔵だし。
織田信奈の野望関連にと思ったんですが実際には明治以降の建物なんですよね。
中州にもそういうのがありますがそことは違う格調高き生きた建物なのです。

下手な写真の腕についてはご容赦ください。



●黒崎教会
黒崎教会その一黒崎教会そのニ



はじめに行ったときは残念ながら閉まったあとでしたが、夕方ならではの雰囲気のいい姿を目にすることが出来ました。


黒崎教会入り口から見た景色

玄関?の靴箱の前から見た風景なのですが遠くに東シナ海が見えます。
上部に細かく線が見えますがそれは鳥よけのネットでしょうね。

さて、内部です。

黒崎協会内部 入り口のドアにはめ込まれたステンドグラス

ステンドグラスと言うと豪奢な飾りのようなイメージがあるかもしれませんが、こういったさりげないところに垣間見えるおしゃれもいいもんですね。




黒崎協会入り口

入り口の周辺にはチラシがあり、右手はおそらく懺悔室。雰囲気を壊さずにこういう風景を巧くとりたいなぁ。



黒崎協会パイプオルガン
パイプオルガンです。なんとなくですが私が通っていた幼稚園は古い木造で建材の質感などは似ていたものの何か違うんですよね。その筆頭が音の響きだったように思います。パンと手を叩くと音の粒が最後の一つまで聞こえるような空間でした。




黒崎協会内部

ステンドグラスを通って差し込む自然光がとても美しいのです。一つ一つも美しいのですが、影絵で表現される宝石をばら撒いたような色とりどりな光の散らばり方がとても幻想的でした。

WS000025.jpg
正面に見えるキリスト像の足跡のように、エナメルのような光の点が暗がりを穿っています。

WS000093.jpg
光の中。机の中には楽譜が収められています。





黒崎協会 通路
サムネイルは400くらいがちょうどいいのかもしれません。
きちんと見通せるような写真を撮る人はいてもこのような雰囲気を再現しようとして失敗した写真を乗せるやつも珍しいでしょう。
iPadクラスの再現性があれば写真のチェックも楽になるんでしょうね。
IPSでXGAが時代が進めばもっと解像度は高くのなるのでしょうか?



黒崎協会 蛍光灯など必要ない
暗闇に浮かぶステンドグラス。
人の目にはこうは見えないんですよね。


ちなみにアプローチの方法は長崎市内から国道202号線を北上するのが最もメジャーでしょうが、夕方あたりですと202号線南下経路を個人的にはお勧めします。

ところでハウステンボスの存続が決まったそうです。


ひとまずここで休憩。
崎津教会編へ続く。
写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |

長崎の黒崎教会と天草の崎津教会 その2

一ノ谷兜って言うのは黒い板を頭の上に立たせた兜だったよなぁとおもいました。
水牛兜とは交換したという逸話が残っています。



さて昨晩の黒埼教会に続きこんばんは天草の崎津教会の写真です。
崎津教会は黒崎教会とはまったく趣の違う建物ですが、特に珍しいのが小さな町にたたずむ教会という趣だと思います。


●崎津教会付近の風景
崎津教会町全景
複雑に入り組んだ入り江の中の本当に貴重な猫の額ほどの土地をいっぱいいっぱいに使った小さな町があります。
ちなみにこの写真は町の裏手にある山の上にある神社へ続く階段から撮影したものになります。ちなみにその神社のある山頂には展望台と大きな木組みの十字架があります。

崎津教会裏の神社
階段を降りたところ。
駐車スペースなどないに等しいです。
ちなみに右手の民家の門には狛犬ならぬマリア像のようなものがあり左手の民家には手押し式のポンプがあります。


崎津協会前の町並み
横断歩道を渡ったところだったと思います。

崎津協会前の町並みこれは入り江から入っていったほう
突き当たりは小さな船着場のような感じになっています。


崎津教会
少し引き返したところに教会があります。
ちなみに中はたたみにパイプ椅子という素敵空間。

とても静かなのに不思議と寂しさを感じさせない町でした。



●そのほか
サンタクロースの基地
まお~さまの居城ではありません。
サンタクロースの基地です。
これも天草の風景。九電の火力発電所です。


原城から 光学十倍ならここまでいける!
これは島原半島の原城跡から。
光学十倍ならここまで出来ます。




●長崎市内
天主堂
有名な天主堂。
ここはもう観光地ですね。

グラバー亭周辺の坂その一
坂の町長崎。基本的にグラバー邸周辺です。

グラバー亭周辺の坂そのニjpg
坂。そのに。


副砂屋
カステラ屋さん。
中ではカステラを販売しています。内装も素敵です。

長崎市丸山町交番1
なんと、これ交番です。



●雲仙
地元民には結構有名だった 今では人多すぎ
昔は隠れ家的な温泉だったのに今では人多すぎ。
お湯は乳白色で少しねっとり。
皮膚に何か問題がある人にはお勧めの温泉。私のような死にかけがいうんだから間違いなし!


つつじ
雲仙のつつじ。
温泉地でよく育つものです。




最近、龍馬人気で長崎市内がピックアップされることが多いですが長崎県内は結構見所がありうろつくにはいい県です。天草は熊本県ですがあの変の文化圏は観光地としてはなかなかに魅力的なのですがいかんせん導線が細すぎはしないかとも思います。
ハウステンボスの延命決定と言うことなのですが債権の鍵を握るのは施設の集客力も大事ですがどのように人を動かすかにかかっているかと思います。

写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。