暫定ブロードキャスティング

近況: 農業高校ラブコメ 「のうりん」(GA文庫 ライトノベル) は8月12日からきっと大絶賛発売中!!! ちょっと何かに似てるかもしれないけど気にするな!意識してるだけだ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

再評価の時代

ICONの登場によりAD900再評価の機会を得た。
今までメインのヘッドホンの座はK271Sによって保持されていたが、近頃環境が大きく変わったことにより評価をしなおすべきではないかと言う思いが強まってきた。

そこで現在私の主力環境でいろいろと繋ぎ変えてみたところ相性と言う点において非常にシビアな機種であると言うことが再認識された。

ICONのヘッドホンアンプ(D10DAC)はもちろんのこと最近の蟹との相性がすこぶる良いということが判明。(ただし音はかなり荒いが)

変なことを書くとビクターの変換プラグ(VICTOR AP-304HF)をかませた状態での評価なので決して一般的なAD900の評価として受け取ることは出来ない。

しかし音質劣化要因をつけた状態のほうがいいと感じるのはおそらくは理屈ではない。
中をのぞいてみた感じでのプラグの噛み方がいいようなつくりのせいかはわからない。
少なくともこの状態ではスカキンではないことは確かである。

今後の評価の変動の後にやはりこれはいいものだという結論に達することが出来そうだ。
楽しみである。

スポンサーサイト
ATH-AD900 | コメント:0 | トラックバック:0 |

AD900はどうも映像用らしい

オーディオテクニカのヘッドホンあんない

http://www.audio-technica.co.jp/atj/hp/chart/index.html


私が試したところAD900かA900がお勧めらしい。

映像にも音楽にも使えるマルチロール機を探しているのでもしや見落とした選択肢があるのかと思いきや・・・もう持ってるよ・・・


MUSES8820がこなれてきて個別表現が+10dbで大体AからA-位でまとまりながら空間表現の半端なさに磨きがかかってきたので、これに相性のよいAD900系統の一切の強調のない万能の密閉型がほしいなぁと物色中。


単純に音質だけを突き詰めていけばAD2000などでもいいんだろうけれど、そこまですると同系統の音になっているSB-RX70とキャラがかぶるのであまり意味がない。(同じ音系統で無理にヘッドホンにする必要もないし)

ここは取り回し重視でクリップイヤーヘッドホンに手を出してみようと考えた。
手持ちではUF-30のような万能機やGRADOのSR-80やigradoのような万能のような個性機があるもののみみのせヘッドホンというのがどうも扱いにくい。

だからクリップオンタイプに手を出してみようと思うと考えてみたところ選択肢がEW9一択という状況。
確かにカナル型全盛期のこのご時世に誰にも見向きのされないような製品規格に選択肢があろうはずもなく。

海外のマイナー品にでも手を出してみようかと考えてみても取り回しと考えると、国内メーカー品のものを考えてみても、同じオーテクのものを考えてもEW9しかないこの現状。

上下レンジが広く、無理な音調強調がなく、空間表現に優れるものがほしい。
耳のせならばATH-ES10まで選択肢が広がるものの、それならImageがあるし遮音性と携帯性を考えると小型ヘッドホンはどうもね、ヘッドホンをつけて町歩けるのは美少女と池免と外人さんくらいだしねぇ・・・


EM700のような中堅ラインが生きていれば現代版のアルミハウジングかチタンハウジングのものが派生していたんだろうなぁ、とか妄想。
いまさらEM700というのもなぁ・・・


代替機は低価格のものでもいいかなと思ってipod付属のイヤホンをD10につないで見るとなかなかいい音で鳴るもののやはり低価格品ゆえか解像度が低く耳が詰まったような感じになってしまう。映像用として長時間使い続けることが想定されるとやはり少しは高くても解像度のよいものを選んだほうがいいのか?
MUSES8820のおかげでD10がうまいことなるようになったので本来ならば選択肢は広がったはずなんだろうけれど、使い勝手という問題が出てくると難しい・・・






ATH-AD900 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。